Q&Aよくある質問

企業間のお取引にあたり、よく頂くご質問を挙げさせて頂きます。

雑貨

倉庫設備は構えず輸出の貿易事業を行っています。各メーカーに発注し完成した製品全量を一旦、倉庫に保管し、出荷オーダーの都度、内出し出庫してほしいのですが、可能ですか?
はい、可能です。在庫管理を含めLCLでの輸出、FLCでの輸出共に可能です。
輸入貨物をお客様に発送する前に、検品をお願いしたいのですが、可能ですか?
はい、検品内容にもよりますが可能です。あと、段ボールなどの外装にダメージがある場合など入れ替え作業なども行っておりますので、一度ご相談下さい。

鋼材、ハードウェア

ボルトやワッシャーなどの扱いはありますか?
はい、弁天町という場所柄、港区や西九条にいらっしゃるお客様に近くて便利とご愛顧頂いております。
コイルや鉄板の扱いはできますか?
はい、重さにもよりますが可能です。万が一、重量オーバーで対応が難しいものでも協力会社との提携によりワンストップサービスをご提供いたします。

アパレル

少ロット多品種で通関が大変とよく言われるのですが、受けてもらえますか?
はい、適正な輸入申告に必要な情報(商品写真や絵型、材質や編み方etc.)をご提示頂ければ、よろこんでお受けいたします。
暫定8条貨物の取扱はできますか?
申し訳ございません。暫8貨物だけは、現在受注を控えさせていただいております。今後、輸出入申告における申告項目や内容の緩和などがございましたら、再検討をさせて頂きます。

食品

輸出する前に相手国の言語で書かれたシールを商品に貼る必要がありますが、シール貼り作業をお願いする事はできますか?
はい、可能でございます。
冷凍食品の輸入ですが、冷凍倉庫の手配はできますか?
はい、南港エリアと神戸六甲エリアにある冷蔵倉庫(協力会社さん)と長年取引がございますので、手配が可能でございます。

機械

梱包の必要な機械を輸出予定です。どういった梱包が海上輸送に適しているかなどの相談を含め依頼は可能ですか?
はい、クレート梱包からバリアを伴ったケース梱包まで、どういった梱包が最適か判断した上で梱包作業を行います。
かなり大型の機械ですが、扱えますか?
はい、貨物の大きさを把握した上で、特殊コンテナ(オープントップやフラットラック)で大丈夫か、または艀を使った在来船による輸送が必要かを判断いたします。もちろん、艀の手配から問題なく取扱が可能です。

化粧品

化粧品の保管には都道府県のライセンスが必要ですが、ライセンスはありますか?
はい、大阪府の薬務課から化粧品製造業許可と医薬部外品製造業許可(ともに包装表示保管)を取得しております。また、法定表示の為のシール貼り作業や化粧箱の箱組み、詰替えもお受けしております。
化粧品の輸入代行は可能ですか?
申し訳ございません。化粧品製造販売業のライセンスは取得しておりませんので、輸入代行を弊社で行うことはできません。しかし、弊社のお客様にライセンスをお持ちで輸入代行業をされている会社さんが いらっしゃいますので、ご紹介させていただくことが可能です。

楽器

ワシントン条約の対象となる素材を使った楽器を輸入します。輸入申告するにあたり、どこでも通関できるものではないと聞きました。対応は可能でしょうか。
ワシントン条約の対象貨物(例えば象牙、ローズウッドが使われた楽器など)の通関自体はどちらの通関業者さんも手続きは可能です。 しかし、輸入申告する時にその貨物を蔵置できる保税蔵置場が限定されております。弊社の保税蔵置場はその蔵置が可能な保税蔵置場となりますので、蔵置だけでもお受けしております。通関手続きを含めたご依頼も大歓迎です。