化粧品の輸出入

取得した化粧品製造業許可(包装・表示・保管)をもとに、輸出入前後の化粧品の保管、 アッセンブリ出荷判定、国内個別発送などを行います。
港から消費者へ化粧品をダイレクトに!

化粧品の輸出入に対応します

輸出入される化粧品の保管、シール貼り、化粧箱詰替えなどのアッセンブリ作業等を、製造業許可のコンプライアンスに従って行います。
事務所内の作業場と倉庫内を作業可能場所として登録していますので、作業内容によって、場所の選択が可能です。

化粧品製造業許可(包装・表示・保管) 許可番号:27CZ200467
医薬部外品製造業許可(包装・表示・保管) 許可番号:27DZ200195

コスト削減と納期短縮を実現

輸入されてきた海外化粧品に表示ラベルをはったり、化粧箱へのセッティングなどを行った後、その場で出荷判定し、日本国内の流通網に直接乗せる。
一旦港湾地区から別の製造業許可の作業場に移動させる必要がなく、コスト削減と納期短縮が実現いたします。

 

食品の輸出入

常温食品の輸出や冷凍食品の輸入など、食品の輸出入についてはなんなりと。冷凍倉庫さんの連携や、食品分析や検疫所とのやり取りもお任せ下さい。

さまざまな食品の輸出入に対応します

食品の輸出入のお手伝いを多くさせていただいております。
お菓子、お酒、調味料や温度管理の必要なチョコレートなどの輸出。各種食品の輸入。輸出前に個品への食品ラベルの貼付作業も行います。

行政手続きや届出を代行いたします。

食品の輸出入には、厚生労働省や農林水産省の検疫所に対する行政手続きが必要となります。
これらの行政機関と日々、コミュニケーションを行っております。輸出入許可に必要な届出業務や検査申請なども代行いたします。

食品成分表と製造工程表をご用意ください。

食品を輸出入される際は、まずその食品の成分表と製造工程表をご用意ください。
その書類を出発点として手続きがはじまります。